Tag Archives: RPTM Japanセミナー

セミナー申し込み状況(1月26日更新)

【お申込み状況速報 (9/12)】「2018ヴィベケ・リーセJAPANツアー春」のお申し込み状況を更新いたしました。
満席のコースが増えてきました。

ご確認はこちらから↓
http://www.wd-c.jp/tour2018_1/reservationstatus/

お早めにお申し込みください。

ヴィベケ.S.リーセ RPTM Japanセミナーツアー考察

文:B-Paws 中沢俊恵,CPDT-KA

昨年に続き、ボディランゲージのスペシャリスト:ヴィベケ.S.リーセのRPTM Japanセミナーツアーが開催されました。

およそ1ヶ月間かけて日本各地でおこなわれたセミナーにはいくつかの種類があり、いずれも一般飼い主さんにとってもプロフェッショナルとして活動している方達にとっても目から鱗のセミナーとなり、多くの方に衝撃と感動を残しました。

ヴィベケ.S.リーセ Japanセミナーツアー考察

そうしたヴィベケの素晴らしいセミナーをレポートするべく、何度も何度も文章を書きました。
かなりの時間を費やして書き上げては消去し、また書き上げては消去し・・・を繰り返しました。
結論から言わせていただきますと、ヴィベケのセミナーの素晴らしさを文章で伝えきれません!

2017ヴィベケJAPANツアーヴィベケ.S.リーセと聞いたら、多くの方が「犬のボディランゲージの人ね」と思うことでしょう。
確かにそうかもしれませんが、それは非常に残念なことです。
ヴィベケのメソッドは、“犬をリスペクトする”という理念の上にあるボディランゲージの活用であり、決して表面上だけのコミュニケーションではありません。
重要視されるべきは、そこなのです。

今回のセミナー中にヴィベケが伝えてくれた言葉の中にもありました。

『If you want respect, shows respect.』
(もしあなたが敬意を払って欲しかったら、まずあなたが敬意を払いましょう)

犬を育てる・犬をトレーニングするということは、イコールで“犬を従える”と云うことではなく、ひとつの命に対して敬意を払って接することで犬も応えてくれるようになると云う犬の“協力”のもとに成り立つべきものであり、トレーニングは一方通行であってはなりません。犬に対しても、人に対しても。ヴィベケはそれを何度も強く熱心に訴えます。

2017ヴィベケJAPANツアー

ヴィベケの犬を扱う技術は大変素晴らしいものですが、技術面だけに注目せず「なぜそうする必要があるのか?」までを理解することでより深く見えてくるものがあります。

豊富な知識と動物行動学に基づいた明確な理論はもちろんのことながら、そうした根底部分にあるものこそがヴィベケのメソッド(RPTM)の素晴らしさなのです。

 

どんな事でもそうかもしれませんが、小手先だけの技術だけでは越えられない壁があります。

ヴィベケはセミナー中の質問タイムにも丁寧に応じ、休憩中やセミナー終了後の質問にも熱心に丁寧に応じてくれます。
サインや写真撮影にも、とびきりのヴィベケスマイルで。

約1ヶ月間休む暇もなく毎日のように日本各地を巡り行われるセミナーでの疲労を微塵も感じさせない対応です。
1日も手を抜くことなく、熱心に参加者に語り掛け続けるにはどれほどのパワーが必要か!?と考えただけで頭が下がる思いです。

ヴィベケの本当の素晴らしさはそもそもの人間性にあるのかもしれません。

『Life is the GIFT.』(命は贈り物です)

耳にすれば 「そんなの当たり前!」と思うようなことこそを大切にする、それがヴィベケ・S・リーセと云う人なのでしょう。

ヴィベケ.S.リーセ Japanセミナーツアー考察

今回のセミナーに参加できなかった方も、是非来年のセミナーに足を運んでみてください。
本だけではわからないヴィベケの魅力を生で体感してみてください。
ボディランゲージの大切さを唱えるトレーナーは世界中にいますが、ヴィベケほどボディランゲージをフルに活かしたトレーニングをおこなっているトレーナーはそう多くはないでしょう。

その違いを目の当りにしたとき、今まで以上に犬が愛しくてたまらなくなるはずです!今すぐにでも犬達とコミュニケーションを取りたくなるはずです!

犬達がヴィベケを慕うように、私もヴィベケに魅了されているひとりです。

今後更に、ヴィベケのメソッドが日本に広く深く浸透していくことを強く願っています。

 

拙い文章に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。